ペットシッターの副業と必要知識が身につく資格

ペットシッターの仕事内容

 
ペットシッターってどんな仕事?

ペットシッターの主な仕事は飼い主さんの突然の病気やけが、また仕事や旅行など様々な事情により犬や猫ペットのお世話ができない緊急時に飼い主さんに代わって、ペットのお世話をする事です。

飼い主さんの自宅の鍵を預かり、留守番をしているペットの食事を用意したり、トイレの始末をする訪問ペットシッター

散歩を代行するだけの散歩代行ペットサービスなどもあります。

ペットホテルに預けるよりペットが慣れた自宅の方がペットのストレスも少ないこと、料金も比較的安いところから今ペットシッターの需要が高まっているそうです。

犬や猫が好き!副業におすすめのペットシッター

 
ペットシッターは副業におすすめ?

年々増え続けているペットシッターですがおすすめの理由は開業資金がほとんどかからないという事です。

例えばペット関係の仕事といえば、

ペットショップ、ペット美容院、ペットカフェ、ペットホテル、老犬ホームなどありますがこれらを開業する場合店舗を構える必要があります。

店舗を構えれば外装、内装、什器備品類、水道光熱費、賃料、

そして、ペットを飼育していれば飼育費用、管理費用、と多額の資金が必要となります。

その点、ペットシッターは自宅を仕事場にできるわけですから店舗は不必要。

犬や猫を飼うわけではないので管理費用もかかりません。

かかる費用といえば宣伝費、サイト運営費、交通費(ガソリン代)、そしてペットシッター保険代くらいでしょうか。

ペットシッターは資金が少なくてもすぐにでも始められる独立開業、副業としてもおすすめといえます。

また完全に個人店舗として独立開業だけではなく

  • ペットシッターサービスでアルバイト・パートとして働く
  • 全国に展開しているペットシッターフランチャイズ店として開業

といった働き方もあります。

ペットシッターに必要な資格・知識とスキル

ペットシッターを副業とする場合、犬や猫動物が好きという事はもちろん

お世話の対象となるペットの習性、心理、健康管理、病気の知識、万が一病気や事故が起きてしまった時にどう対処すればよいのか、法律の知識、など最低限の知識は持っていたいところ。

また飼い主さんとのコミュニケーションスキルも必要不可欠になります。

飼い主さんから信頼され、次もあなたにペットのお世話をお願いしたいと思われるようにプロとしてのスキル、技術を身に付けておきたいですね。

 
ペットシッターの必要知識・スキルが身につく資格を教えて

ペット、動物にかかわる資格はいくつかありますがここでは

ペットシッターに必要な知識や技術が身につく

ペットシッターの副業がめざせる資格を紹介します。

・認定ペットシッター(認定ペットシッター協会)

・ペットシッター士

・ドッグシッター(一般社団法人 日本ペット技能検定協会認定)

・愛玩動物飼養管理士(公益社団法人日本愛玩動物協会)

・おすすめ!☆彡猫専門のペットシッターを目指す資格 キャットシッター(一般社団法人 日本ペット技能検定協会)

他にも、ペット・動物の資格には

・ペット看護師

・ペット介護

・ドッグトレーナー

・愛玩動物飼養管理士

など。

資格は開業においてスキルと技術を証明してくれるもの。

老犬老猫の介護の知識、しつけ・健康管理、飼育についてのアドバイスができる、など強みを作ることも大切です。

他社(他店)と差別化するために猫専門のペットシッター(キャットシッター)、鳥専門のペットシッター、うさぎ専門のペットシッターなど専門を売りにするシッターも増えているようです。

ペットシッター